自律神経失調はクリニックで治せる|知っておくべき様々な治療法

医者

激しい痛みがある慢性頭痛

女性

治療を行うメリット

群発頭痛とは、慢性頭痛の1つであり、他の片頭痛や緊張型頭痛よりも痛みが激しく現れます。原因となっているのは、はっきりと分かっていないのですが、目の奥にある血管の拡張・アルコールや喫煙・過労やストレスなどが挙げられます。群発頭痛の治療では、原因そのものを完治させる事は出来ないのですが、血管の異常な拡張を抑えてくれる「カルシウム拮抗薬」や「抗てんかん薬」といった予防薬を服用する事で、発作の痛みや回数を軽減してくれるというメリットがあり、それらと合わせて「スマトリプタン」という薬を皮下注射で投与するといった治療薬を用いる薬物療法を行います。また、他の治療法としては、医師に処方された高濃度酸素を吸引する事が効果的だと言われています。

治療中や群発期の注意

群発頭痛の原因に沿った治療中の生活や予防法を知っておくと群発頭痛が発症しても対応することが出来るでしょう。群発頭痛には、発作が起こりやすいとされる群発期という時期があり、その時期には更に予防する事に意識しながら生活を送る必要があります。群発頭痛の原因の中には、喫煙やアルコールなどの可能性も見られているため、予防や治療を行う時には、禁煙や禁酒をする必要があります。これらを続けながら治療を行ってしまうと、せっかくの治療薬の効き目が感じにくくなってしまい、更に悪化する原因にもなります。体を温めると全身の血管の拡張作用が増してしまいますので、群発期には短時間で入浴を済ませるか、シャワーのみで済ませるという入浴方法を心がける必要があります。