自律神経失調はクリニックで治せる|知っておくべき様々な治療法

医者

日常生活に支障をきたす

女性

女性に多い理由

不眠症には、寝つきが悪い、夜中に目が覚める、朝方に目が覚めてしまう、ぐっすり眠れないなどがあります。その原因は、痛みやかゆみ、心疾患、腎疾患、精神疾患などさまざまです。しかし、そうした原因がとくにないのに不眠の症状が起こる、最も多い不眠症を原因生不眠症といいます。生理前に睡眠の質の悪さや眠気などを感じたことのある人も多いと思います。それは、眠気の抑制や促進などと女性ホルモンが関係しているためです。加齢や閉経にともなって女性ホルモンが減少し、ホルモンバランスや自律神経が乱れて、不眠が起こることもあります。特に高齢者の不眠症では、夜中に何度も目が覚めたり、トイレが近くなったり、早朝に目覚めたりする症状が増えます。

睡眠薬の使用&生活改善

生活時間帯が前倒しになり、次の睡眠にも影響を及ぼして睡眠サイクルが悪循環になってしまうこともあります。一過性の不眠が慢性不眠になってしまうのです。早期の治療が肝心なため、日常生活に支障を感じるようになったら病院での受診をおすすめします。診察では、症状、年齢、体形、ほかに病気がないかなど総合的に判断して、治療法が選択されます。第一選択となる治療は、睡眠薬です。睡眠薬の使用に抵抗を感じている人もいるかもしれませんが、脳全体の働きを低下させることで眠らせていた昔の睡眠薬とは異なり、現在では改良された睡眠薬がよく使われています。また、生活習慣の改善も重要です。起床時間や食習慣、嗜好品とのつきあい方などを見直すのも大切です。