自律神経失調はクリニックで治せる|知っておくべき様々な治療法

医者

多種多様な症状と自覚症状

PC

症状の多さ

自律神経失調症には様々な症状がありそのすべてが自覚症状で確認できるものです。しかし症状が出たからといって病院で検査しても内臓器官などは正常なため異常なしと出てくるため発見が遅れることが多い病気でもあります。多少体がおかしくても検査結果が普通ならば気にしない人が多いことがほとんどです。体の異常も人それぞれで、精神的なことから体の異常まで、多種多様な症状が出ることも自律神経失調症の特徴ともいえます。体が少し重いと感じたとしても凝っているのか疲れているのかなど、あまり気にせず放置してしまう人も少なくないと思います。そもそも自律神経とは心臓を動かしたり汗をかいたり、自分の意思でコントロールできないものが自動で働く神経のことなので、症状が軽いからといって放置すると、後から鬱のような、治すのに時間がかかるものに変化してしまうこともあるので注意が必要です。

原因はなにか

症状が多種多様のように原因もまたそれぞれの人の環境によって異なってきます。自律神経のバランスが乱れるのには様々な原因があるのです。その一部として、生活リズムが悪いことや、過度のストレス、環境の変化、ホルモンの影響など様々です。自律神経失調症の場合四つのタイプに分けられます。本態性型自律神経失調症、神経性型自律神経失調症、心身症型自律神経失調症、抑うつ型自律神経失調症に分けられます。自分がどのタイプなのかを見抜きそれぞれに合った治療が必要とされます。症状によって体と心の両方に働きかける治療や、生活環境を整える方法や、体質や性格や生活リズムの改善にも注目して自分にできることを治す努力が必要になります。自分の努力以外にも薬物療法やカウンセリングや理学療法など体に直接働きかける方法もあります。それぞれまず自分に何が出来るかを考えて出来ることから改善していくことが大切です。